YouTuberは最近「新しく出来た職業」として有名ですよね。
年収で何億と稼いでいる人がいるので、かなり夢があると言えます。一方で、頑張っているのに全く稼げないという人が多いのも事実。
今回は、YouTuberが本当に稼げる職業なのかどうかについて、解説していきます。

では、YouTuberはどうやって稼ぐのでしょうか?
YouTuberで稼ぐ仕組みは以下の3つのどれかに該当する場合がほとんどです。
・広告収入を得ている
・企業案件を行う
・集客媒体として使う
それぞれ解説していきますね。

まず、YouTuberの稼ぎ方として最も有名なのは「広告収入」です。
「1再生0.1円」と言われてはいますが、広告の数によってはそれよりも多く、0.3円や0.2円になる場合もあるようです。
例えば一つの動画が10万回再生された場合、数万円が手元に入ってくるという事になります。

次に企業案件ですが、これは企業がYouTuberに依頼をして、宣伝をしてもらうものです。
例えば、企業がゲームアプリの宣伝をYouTuberに依頼した場合、その動画を何十万人もの人が再生してくれるわけです。そうすれば、企業側としても集客効果が絶大ですよね。
相場は、小規模チャンネルだと10万~30万ほど。
大規模なチャンネルだと100万円以上になることもあるようです。

そして最後に、「集客媒体として使う」というものです。
これは、YouTubeを使ってお客さんを集めて、自分のオリジナルのビジネスに展開していくというものです。
オンラインサロンであったり、メルマガであったりします。あるいは、店舗そのものに集客する人もいますね。
これは大金を稼いでいる人が多く、広告収入や企業案件に比べても、「小規模チャンネルでも高い収入が期待出来る」というビジネスモデルです。

では、YouTuberはどんな人におすすめなのでしょうか?

まず、「何か発信できることがある人」です。
普通の人というよりは、何か尖ったものがある人は伸びやすいです。
例えば、ピアノが上手であったり、料理が上手であったりですね。
ただ、必ずしもトップクラスの実力である必要はなく、「得意」というレベルでも十分です。

また、「継続力や忍耐力がある人」も向いているといえます。
YouTubeは短期間で伸びるということはあまりなく、最初は何時間も書けて作った動画が、たった数回しか再生されないこともあります。
また、人気になればなるほど、批判コメントも増えてきます。
そのような苦しみに耐える忍耐力と、決して諦めない継続力が大切です。

いかがでしたでしょうか?今回は、「YouTuber」について
解説しました。
参考になれば幸いです。